AIKOU’s Voice

  • 2019.12.02

    先週から仕事を再開しましたが、それがいいリハビリとなり格段にパフォーマンスが向上してきました。というと皆から「無理はしないでください」と言われそうなので、今年いっぱいは大人しくしたいと思います。もっと読む

  • 2019.11.25

    この6週間以上の入院生活に関して、最初はがんを宣告されたような気分でしたが、次第に自分がもう若い時とは違い、体力、免疫力が落ちてきたのだという現実を受け止め、気持ちを切り替えて神様が与えてくれた貴重な時間だと思いながら、仕事のことは皆さんにお任せしてポジティブに入院生活を楽しむことにしました。もっと読む

  • 2019.09.24

    私は昨日まで韓国産婦人科学会学術集会に参加のためにソウルに行っていました。日本からは日本産科婦人科学会の理事の先生、韓国産婦人科学会の名誉会員の日本の先生、そして選出された若手Dr達が参加しており、その若手Drの統率役が矢内原先生でした。もっと読む

  • 2019.09.17

    先週木曜日から土曜日まで開催された日本産科婦人科内視鏡学会で発表された先生方、そしていろいろなプログラムに参加されていた先生方、お疲れ様でした。平田先生の武内賞受賞、笠原先生のワークショップでの発表、そして多くの発表があり、良かったと思います。もっと読む

  • 2019.09.02

    さて、現在の産婦人科をめぐる医療現場では医師の地域偏在、産休・育休後の復職支援、働き方改革・ワークライフバランス、腹腔鏡・ロボット支援手術による低侵襲性手術の普及・研修法、分子生物学的手法の進歩によるプレシジョンメディソン・遺伝診療の普及・研修法、子宮頸がん検診・ワクチンの普及、NIPTの認可外施設、PGT-A審査などの課題があります。もっと読む

  • 2019.08.26

    先週の土曜日は2回目の医局説明会でした。医局の先生方のご協力に感謝します。一人でも多くの新しいレジデントが来年誕生することを期待してやみません。もっと読む

  • 2019.08.13

    先週は入院しながらテレビを観ている時間が多かったのですが、素晴らしいニュースがいくつかありました。もっと読む

  • 2019.07.29

    先週は鮫島教授と田部科長のご講演を拝聴しました。鮫島教授の周産期医療の発展のためのご貢献は素晴らしく、FHRのエビデンス、背景からお話をしていただき、さらに教育システム、ネットワーク体制作り、迷走神経反射のメカニズムやAIを取り入れた宮崎大学のご研究、今後の方向性に関してなど、大変興味深い内容でした。もっと読む

  • 2019.07.22

    先週はいろいろと国内で動きがあり、とても考えさせられる1週間でした。まず、韓国と日本の関係がギクシャクしてますが、先週の月曜日まで韓国にいた自分としてはまったくそのような影響は感じませんでした。もっと読む

  • 2019.07.16

    私は昨日までアサンメディカルセンター30周年記念式典および韓国婦人科腫瘍学会合同研究会の講演のためにソウルに行ってきました。もっと読む

  • 2019.07.08

    先週は新潟で日本婦人科腫瘍学会がありました。以前、ご講演にいらしていただいた榎本教授が主催された学会で、多くの外国人の講演があったり、どのプログラムもレベルがとても高く充実しており、さらにはホスピタリティも素晴らしくとても印象に残る学会でした。発表された先生、指導にあたった先生ご苦労さまでした。もっと読む

  • 2019.07.01

    さて、先週は大阪大学の木村教授のご講演を賜りました。周産期医療と救命救急医療の連携体制を充実・発展させたずば抜けた行動力と、妊婦さんたちや働く医師のため、周産期医療のレベルアップのためのパッションを感じさせる素晴らしいご講演でした。もっと読む

  • 2019.06.24

    さて、先週は京都大学の万代教授の講演を賜りました。腫瘍免疫学について、期待と失望の繰り返しと言われておりましたが、ご自身のご苦労も交えながら、京都大学の最先端の知見もとても分かりやすく提示していただき本当に素晴らしい講演でした。もっと読む

  • 2019.06.17

    一昨日、昨日と関東連合産婦人科学会が開催されました。高野先生からのメールを読んだ方はご存じだと思います。とても嬉しい報告です。土曜日の若手優秀ポスター賞に、当医局の斉藤先生と福島先生が受賞されました。もっと読む

  • 2019.06.10

    先週の集談会では女子医大の田畑務先生が講演されました。田畑先生の講演は「妊娠と子宮頸がん」というタイトルで腫瘍領域だけでなく周産期領域にもまたがる丁寧で分かりやすく素晴らしいものでした。もっと読む

1 2 3 4 5 6

関連病院・同窓病院のご案内