産婦人科初期臨床研修

産婦人科初期臨床研修プログラム

一般プログラム

一般目標
1. 女性特有のプライマリーケアを研修する。
2. 妊産褥婦ならびに新生児の医療に必要な基本的知識を研修する。
3. 女性特有の疾患による救急医療を経験する。

小児科医・産科医育成プログラム 

一般目標
上記3の研修に加えて、特に周産期医療全般にかかわる知識・技術をより集中的に研修する。


産科関連・婦人科関連の行動目標 (SBO)

産科関連
1.母体、胎児、胎児付属物、産褥、新生児の生理の基本を理解する。

2.産科の基本的診察法を習得する。

3.産科診療に必要な検査を実施し、その結果を評価して患者・家族に説明することができる。

4.産科の治療法および分娩管理を理解し実施することができる。

5.産科救急疾患について、理解し適切なプライマリーケアができる。

6.合併症妊娠とその管理方法について理解する。

7.新生児の診察を行い、異常をスクリーニングできる。

8.指導医とともに母体搬送症例への対応(小児科医との連携を含む)を経験する。

9.NICUでの新生児管理ができる。

婦人科関連
1.女性生殖器の解剖・生理を理解する。

2.女性の加齢と性周期に伴うホルモン環境の変化を理解する。

3.婦人科の基本的診察法を習得する。

4.婦人科手術療法について理解し、経験する。

5.婦人科薬物療法について理解する。

6.婦人科癌の終末期管理ができる。

7.婦人科救急について理解し、適切なプライマリーケアができる。

8.不妊症の検査・治療について理解できる。

9.妊孕性温存手術・治療の適応について理解できる。

関連病院・同窓病院のご案内